忍者ブログ

5月゚ ヮ゚ノiベーオの気まぐれプレイ日誌(゚Д゚夏?

川゚ー)少し肌寒い?これから暑くなるさ。

2020.07.05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006.12.07

さて・・・とりあえず全員のレベルが50になりました・・・w↓

とりあえず、今この状態でどのくらい戦えるのかセマラナイに挑んでみました・・・。

とりあえず見えているが結果はこちら↓

えーっとカメレオスのHpが860で・・・魔術の威力が19919ダメージだから・・・

軽くカメレオス23匹分を倒せる威力です。はい

こんなことでは何時までたっても倒せない・・・変換して修行せねば・・・

ん~フルパワー星章着けたところでダメージ与えられないかな・・・ちぇ

 

PR
2006.12.07

・・・タイトルは気にしないでくださいw

今日、正規軍と戦ってこんな状況になったり

正規軍:リーダー、今回もやっちゃいましょう!

リーダー:全隊員、全力で叩け!

(スパッ ドゴーン ギュィーン)

正規軍:隊員、全滅です!リーダー!指示を

リーダー:こ、ここまでなのか・・・。

正規軍:リーダー・・・敵軍が白旗を振ってます・・・!

リーダー:な、なんで・・・向こうの方が圧倒的に有利なはずなのに・・・

緑亀:これでいいんだな・・・全く、敵もいい加減に気付かないのか・・・?

こんな感じで正規軍はおっぱらっていますw

実は、正規軍が一人余分にいるという罠。

2006.12.06

・・気付いたら眠っていた今日この頃・・・

昨日はアークsとGWのTAについて語っていました・・・w

アークsは、マジプロで2時間半切ることが目標らしいです・・・w

自分としては、マジパニあたりを更新しようかな・・・と思ったり

とりあえずは、TA系は土日にやって、ペレグリンの方は平日にやるパターンになりそうです。

本当に自分らはTA馬鹿です、本当に(ry

2006.12.04

今回は、趣旨を変えて、アタックボーナスについて考えてみようと思います。

そもそもアタックボーナスとは、一回の指令で数人が敵を攻撃していく時があると思います

この時、攻撃が続いて行く内にダメージが増えていきます。

一人目は通常のダメージでも、二人目は少しダメージが上がり

三人目、四人目とダメージがあがっていきます。通常の場合だと最高のアタックボーナスは5です。

防衛戦の時はもっと上げることが出来ます。

今回は、使う機会が多そうなアタックボーナス1と2について調査してみました。

まず、調査場所はコール共和国のブルーレイク。

敵も少なく、防御力によるダメージの増減も少なくて調査しやすいです。

そして、技・武器の有無によってもダメージが増減しないか調べます。

そして、ボーナスを受けて敵に攻撃するのはこのお方↓

   えぇ・・・今、攻略作戦に参加している亀です。

魔術は、範囲1でプロミネンス(相手の属性に影響を受ける場合はサイクロンカッター)です。

攻撃する相手は、真ん中にいる傭兵に決まりですw理由は聞かないで欲しい

各三回ずつ調査した結果がこちら→ダウンロード(txt)

特に際立った差は生まれないようですね・・・w

ということで、皆さんもばしばしアタックボーナスを利用しましょうw

ちょっとばらつきがあるのはご了承くださいまし

 

2006.12.03

ドーリストゥレイン

ご覧の通り、ドーリストゥレインをクリアしました。

しかし、本来の目的はルーサーではなく、セマラナイハコガメを倒すことです。

ここで、立ち止まっている暇は・・・ない

打倒セマラナイに向けて頑張って行こうと思いますw

あ、カメレオス軍の記録も公開しておきますね

_______________________________________________________

~記録~

オッス、オイラ炎亀。って見る人居ないからなぁ・・・w

しっかし、ただ列車に乗ってるだけじゃないもんな~総帥は

仲間が倒れたり、仕舞いには総帥が倒れたり・・・

本当に大変だったな・・・今回の列車ジャック作戦は

でも、入ってくる賠償金も雄大に莫大になってきた・・・w

ところが武器や防具もそれ相応の値段になってきたから集めるのも大変

正規軍も攻め込んでくるから、折角集めても奪っていって・・・

こんなことを繰り返すぐらいなら、ユウ夕の銀行口座から奪い取った方が(ry

とりあえずは、ワンランク上の装備を揃えられたからなw

本当に、装備が重要になってきたな・・・wダメージも結構違ってくるし

今回の敵さんもなかなか厄介なのが揃ってたな・・・w

まず、新しく出てきたアサシンや近代兵士が厄介なのさ

奴らのAZや土竜切りは当たったら致命傷

暗黒騎士の攻撃もなかなか厳しい。侍、統領も地味に厄介かな

近代兵士とかの攻撃を組み合わさって仲間が倒れたりつまり単体では怖くない

でも、オイラたちはそんな敵たちをなぎ倒し車掌室まで進んだのさ

まったく、総帥もここまですることもないと思うんだな

で、またサンタルーサーがいるし。とりあえず小1時間奴を問い詰めたい

しかも、かのセマラナイハコガメ連れて来たし。

もはや自分の力ではうちの総帥を倒せないと判断したのかな。少しは賢くなった?

・・・前言撤回。オイラ達ではセマラナイを倒せないけど、動かさずにルーサーを倒せたんだ。

まず、近くにいる敵を倒したのさ、オイラとシーフはその時点で倒れてた

で、いきなり緑亀が総帥を素手で叩き始めた・・・

正直、こいつらおかしいと思った。普通、殴った時点でクビ以上の刑が待ってるはず

・・・これも作戦らしい。水亀の魔術の威力を上げるために殴らせたらしい。

素手にしたのは、総帥にダメージを通らないようにするため・・・

で、ルーサーも逃げていった・・・男らしくない奴め

総帥も、ルーサーも変わった作戦を使うな~

とりあえず、記録はここまで~なんか思い出すだけで疲れた・・・w

でも、なんか嫌な予感がするんだよね・・・今までのは夢オチとか

まぁ、疲れてるんだろ。きっと

早く寝て、明日に備えるとしましょう・・・お休みっと

________________________________________________

次からは打倒セマラナイの記録になりそうです

彼の嫌な予感は的中することでしょう・・・w書いてたら、途中で一回消えた・・・orz

2006.12.03

12月に入ったからなのか、寒いですね。

今日はちょっとマジパニのRTAやってました。

記録の方は・・・

実時間が7時間半、プレイ時間が3時間53分と言った具合です。

途中で外に行ったりしてたので、実時間の方はもっと早くなるでしょうw

とりあえず、参考程度にラストエリアに着いたときの画像置いておきます。

マジパニ ・・・一応ランキング一位だったり

ペレグリンの方はぼちぼち進んでますんではい。

明日あたりにはドーリスクリアしたいと思います。

でも、この記録もアークsに抜かれるかな・・・?w

2006.12.02

マルクセングを攻略した、カメレオス軍

勢いにのり、スキンまでも攻略した。

今回は、手に入れた彼らの記録を公開しよう。

_____________________________________________________

~記録~

皆寝たのかな・・・?それじゃあ書こうかな

今回の作戦も、結構長かった・・・何日かかったんだろ

皆も結構苦戦してたよ~特に緑亀君が敵を倒せてなかったり。

それは僕も一緒かな・・・?w でも正規軍は辛いな・・・

で、作戦を考えてみたら「お金の力で追っ払う作戦」を決行することになった

正直お金を易々と敵に引き渡すのはむかつくけど、これも計算の内

でも、正規軍もやられたら強くなってまた来るだろうから、皆の安全を考えればね・・・w

とりあえず、目的が終わったらどう料理しようかな・・・?こんがり焼こうかな・・・?w

こんなこと書いててもしょうがないかなw

で、入ってくるお金でワンランク上の武器防具を揃えたり。

杖とか爪は比較的安かったな・・・w 作りやすいのかな?

敵はやっぱり暗黒騎士が怖い。司教とか学者が増えて遠距離攻撃も激しくなってる。

マップも入り組んでいて、この辺は遠距離攻撃が使える僕達の出番。

ネリティア戦も結構厳しい戦いだった。シーフ君が暗黒騎士にやられてたり。

このぐらいかな・・・w 早く寝たいけど、色々覚えておかなきゃ。

魔術は敵の属性に威力が左右されやすいしね・・・w

とりあえず、記録はここまでっw

_________________________________________________

次回は一端ドーリスを終了させて、その後やり直して、セマラナイに挑んでいこうと思います。

果たして順調にいけるか・・・?

男?女?それは皆さんの妄想にお任せします

2006.12.01

やっと、試験が終わりました∩(・∀・)∩ヤッター

これで、ぼちぼちペレグリンも進行できると思います・・・w

さぁ、ゲームの時間だ・・・(何

べっ別にサボってた訳じゃないんだからねっ

2006.11.30

カメレオスがひっそりと書いている手記を入手した・・・

コピーを取らせてもらったので、載せさせていただく。

____________________________________________

~俺の戦略表その30~

今回のスキンを攻め込むのには時間が掛かっている・・・

ここはいったん、我が軍の戦力を見直してみよう。

--チーム全体の戦力について--

能力をまずまとめてみるか・・・おっと魔術を使わない奴はSpは余計だな

一応、関係ない能力は抜いておくか・・・

緑亀・ラリュー

Lv13 Hp195 St156 武器/銃 武器熟練度6

Hit197 Def148 Mdf144 Spd128

水亀・トレンド

Lv13 Hp156 Sp172 武器/杖 武器熟練度6 魔術20

Mag241 Def112 Mdf159 Spd85

炎亀・グーズ

Lv13 Hp202 St169 武器/刀 武器熟練度5

Atk260 Def192 Mdf129 Spd117

シーフ・トング

Lv14 Hp187 St114 武器/弓 武器熟練度6

Hit238 Def171 Mdf175 Spd239

俺様(カメレオス)

Lv13 Hp224 St158 武器/爪 武器熟練度6

Atk244 Def202 Mdf208 Spd116

俺は特に書く必要は無かったか・・・?

--各メンバーについて--

さて、特徴を考えて戦略を練りやすくするか

緑亀・ラリュー

こいつは、能力的にはトングに負けているが技の範囲では他を圧倒する。

火炎乱舞など、技の範囲が狭いトングに比べ広い範囲を攻撃できる。

Stが割と高めなのも、ポイントだな。だが、若干打たれ弱いか・・・?

水亀・トレンド

こいつの魔術は、非常に頼れる。

回復魔術は、こいつ以外使えない。こいつがいれば、ある程度はダメージも怖くない

ただ魔術師ということで、かなり打たれ弱い・・・敵の攻撃には気をつけないとな

炎亀・グーズ

こいつは、腕力型ゆえに他のメンバーと比べ攻撃範囲が狭い。

しかし、メンバー中最高の攻撃力は、硬い装甲に覆われた敵も撃破してくれるだろう。

Stが高いから技を多く使えるのもいい点だ。ただ、魔術は危険か・・・?

シーフ・トング

最近入ってきた、盗むのスペシャリストだ。

能力の方もなかなか高く、頼れる新人だ。

ただ、弓の技がなかなか使いにくいのが難点か・・・?こいつ以外はもっとひどいだろう。

シーフゆえに、他のメンバーより遠くまでいけるが、Hpが低めだから無茶は禁物か・・・

俺(カメレオス)

特に弱点も無い。相手の技の属性に対し最強。

武器の方もなかなか使いやすい。はっきり言って俺がいないとチームは成り立たないだろう。

ただ、若干遅めなのは気になるな・・・運動はしているはずなのだが。

こんなところで躓いている暇は無いな・・・出来るだけ早くマサオの所にたどり着かなければ・・・

---------------------------

さて、色々まとめてきたことで作戦も立てやすくなった。

これで、明日からの進行スピードが速まること間違いなしだろう。

さて明日に備え、早めに寝ておくか・・・。

明日は暗いうちに奇襲をかけて手っ取り早く侵略する作戦の日だ。

成功と皆の無事を考えつつ、眠りにつくとしよう・・・

_____________________________________________________

思ったより、彼はまじめなようで・・・w

次は、スキンまとめ編に入りたいと思っています。

ただ、まだテストが残っている・・・軽く欝だ・・・・

2006.11.29

はい、試験期間中なので更新は大幅にスローペースです。

別にサボっていた訳では決して(ry

とりあえず、今日はこんな物を・・・

防衛戦

ちょっと見にくくなってしまったので、説明しておくと、

スキンを攻略中に、防衛戦が始まって一応全滅できそうなんですが

これからの道中を考えて、敵を全滅させた上で降参しています。

防衛戦で、死人が多く出てしまうとその後の立ち直りが遅くなってしまうので、

あえて倒さずに、強い正規軍がくるのを防ぎます。

とりあえず、アークsのパクリだったりする訳だが(ry

次のレポートはしばらく先になりそうです。

水亀「これも計算の内です」

  BackHOME : Next 
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
(,,゚Д゚)<コメント待ってるぜ
ブログ内検索
最新CM
[02/21 eto]
[05/18 セシル]
[05/18 セシル]
[05/18 セシル]
[04/30 NONAME]
プロフィール
HN:
代理人
性別:
非公開

5月゚ ヮ゚ノiベーオの気まぐれプレイ日誌(゚Д゚夏? wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]