忍者ブログ

5月゚ ヮ゚ノiベーオの気まぐれプレイ日誌(゚Д゚夏?

川゚ー)少し肌寒い?これから暑くなるさ。

2020.07.05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007.03.26

私的なことですが、微妙に困ってます

今回は、てきとーに調べたマジパニのデータを公開です

詳しいことは実際に見てください

当然、ネタバレみたいのが嫌な人には勧めません(ぉ

それではこちら↓

ダウンロード(txt)(完全ではないので注意)

という訳で、参考にするもよし。へぇ~と思うのもよし

分かりづらいかもしれませんがご了承ください(またかい

実はこっそり更新していたりする

眠い中やってたりすんので、多々違ってる部分アリ

所で、スギsがこんな物を作ってくれた

有難く頂戴することにしましょう

で、さらに色々やってたらマジパニのコインが・・・

こちら↓

まぁ・・・これでもLv不足なんで鍛えないとですね・・・w

3~4発打撃を食らったらほぼ瀕死か戦闘不能

3~4回全体攻撃食らったら壊滅状態

果たして彼らは、真実に近づけるのか・・・(完

代理人のバナーです。前のバナーとどっちをお使いいただいても問題ありませぬ

PR
2007.03.23

どうでもいい人はどうでもよくて、関係ある人は関係あると・・・・

まぁ、学校の話ですがねw

とりあえず、ゲームやってたりPC取られてたりしていて更新できなかった

などという話はおいて置きますか。

もしかしたらもしかしなくても、別の事をするかもしれんので

暫くは最近もだけど攻略はストップ・・・するかも多分

・・・アンケートでも置いて見ようかな・・・?

とりあえず、コメントなりして頂ければやりますぜb

2007.03.20

とうとう、600階までたどり着いてしまった。マサオ達・・・

果たして、彼らの心境はいかに・・・w

まぁ、やってるのは自分ですがww

 

__________________________

コウジ:もう、40時間も越えてるよ。何回全滅したことやら・・・

マサオ:何千匹倒したんだろうな、俺達

ニーマ:・・・早くスキンに行かないか?

マサオ:いいや、俺は少なくても1000階はいくね

ヨシオ:ふぉっふぉっふぉ。元気じゃのう

コウジ:・・・そういうじいちゃんも元気でしょ?w

ヨシオ:若い者にはかなわんわい

マサオ:これで、アラフォース倒したらいくらかな・・・クックック

コウジ:・・・金の亡者・・・

ニーマ:(果たして、私の目的はいつ果たされるだろうか・・・

     このままでは、いつか返り討ちに・・・)

ヨシオ:ふぉっふぉっふぉ。行くとするかのう

コウジ:あ、紅茶買っとかないと・・・

マサオ:1000階目指して!

ニーマ:まっ、待て!置いてくな!

ヨシオ:はて・・・本来の目的はなんじゃったかのう・・・?

コウジ:本当に、兄さんはコインに目がないんだから・・・

ニーマ:私が居る必要はあるのか・・・?

マサオ:いや、お前いないと多分途中で酷いことになってるから

ヨシオ:そういえば、正月の餅を食べてなかったのぅ

コウジ:・・・無理に食べて喉に詰まらせないでね?じいちゃん

ヨシオ:ふぉっふぉっふぉ。麦茶で流し込めば平気じゃわい

マサオ:・・・じいちゃん。それ紅茶や

ニーマ:クッキーはないのか?

コウジ:この辺は洋菓子は売ってないみたい

マサオ:タケノコならあるぞ

ニーマ:・・・もういい

マサオ:とりあえず、目標は1億コインかな

コウジ:全員レベル1000が目標じゃなかったの?

マサオ:コインを稼いでいれば、そのうちそこまで上がるだろ

ニーマ:(・・・お前達は一体いつまで、遺跡を荒らす気だ?)

ヨシオ:まぁ、そのうち気が変わってスキンへ向かう気になるじゃろ

ニーマ:私は別に・・・

ヨシオ:ゆっくり、進めばいいじゃないかのぉ。ふぉっふぉっふぉ

ニーマ:(ゆっくり所か立ち止まってる気がするのは気のせいだろうか・・・)

コウジ:というより、一体どれだけ遺跡に魔物がいるんだろう・・・

マサオ:そんなことはいいから、先にいこうぜ!

コウジ:はいはい・・・
マサオ:後、2500万コインか・・・
コウジ:レベル1000になる前に1億コイン到達しそうな勢いだね
ヨシオ:ふぉっふぉっふぉ。これで、老後も安心じゃわい
コウジ:ってか、じいちゃんはとっくに老後の生活になってる気が・・・
ニーマ:本当に、お前はただの老人か?
ヨシオ:ただの物知りな老人じゃわい
マサオ:今まで、何発回し蹴りしてきたんだか
ニーマ:私が居なければ先には進めないだろ?さっさと進むぞ
コウジ:なんだかんだいって、ニーマの乗り気なような・・・
マサオ:ついに念願の1億コインを手に入れたぞ!!!
コウジ:おめ~
マサオ:なんだ?それだけか?
コウジ:いや、だってまだこれからレベル1000記念とか1500階到達記念とか
     やるつもりでしょ?いちいち盛大な事してたらキリがないって
マサオ:ん~それもそうか。まぁ、これは確かに序の口だ

ニーマ:・・・すでに、序の口どころか奥深くまで入り込んでるんじゃないのか?
ヨシオ:ふぉっふぉっふぉ。若いもんはいいのぅ・・・
マサオ:ってか、着いて来れるじいちゃんも流石英雄といったところか・・・
ヨシオ:まだ、若いモンには負けんワイ
ニーマ:(すでに、100倍もの金を手に入れたか・・このままでは、目的が・・・)
ヨシオ:ふぉっふぉっふぉ。まだまだチャンスなんぞ幾らでもあるんじゃないかのぅ
ニーマ:・・・一理あるな
マサオ:じゃあ、行くか!

マサオ:コウジ、頼むから攻撃する前に倒れないでくれ

ニーマ:まったくだ。

コウジ:ニーマさんも、倒れないでくださいよ~

ヨシオ:ふぉっふぉっふぉ。若いモンは怪我から立ち直るのが早いのぉ。関心関心

マサオ:全くもってうれしくねぇ・・・

コウジ:あ、そろそろ夕食の時間だね

マサオ:じゃ、俺がs コウジ:僕とニーマが準備するから兄さん達は材料を

ニーマ:わ、私も作るのか?

コウジ:二人で作った方が楽しいだろうし、効率いいしね

ニーマ:・・・仕方がない。手伝ってやろう

ヨシオ:ほれ、マサオ。コールタウンまでひとっ走りじゃ

マサオ:俺だって作りてぇよ・・・

マサオ:2億か・・・時給いくらぐらいかな・・・

ヨシオ:どれ、計算してみるかのぅ

暫く立って・・・

マサオ:って事は一人あたり時給71万コインか・・・スゲェ

ヨシオ:老後もこれで安心できるわい

マサオ:・・・まぁ、たまには服とかも買わないと・・・ぼろぼろだ・・・

ヨシオ:ふぉっふぉっふぉ。コウジ達にも買ってやろうかのぅ

マサオ:あいつ等にも助けられてきたしな。買ってってやるか

コウジ:って、よく考えたら材料が来るまで作れないね

ニーマ:その点は、まだ材料は少なからず残しているから問題ないだろう

コウジ:あっ・・・このタケノコ消費期限切れてんじゃん

ニーマ:・・・賞味期限じゃなくて消費期限か?

コウジ:この生タケノコは高かったんだけどね・・・まぁいいかな

ニーマ:(すると私達が食べているタケノコは干しタケノコなのか・・・?)

コウジ:まぁ、気にしないほうがいいんだろうさ・・・紅茶とかも

-----------------

カメレオス:・・・来ない!何時になったら奴らは来るんだ!

       かれこれ・・・何ヶ月だ・・・?

アクア:あの~そろそろ食料が尽きるのですが・・・

カメレオス:そうだな・・・久々に肉が食いたいな・・・

アクア:(残りの資金が少ないのに気付いていらっしゃるのかな・・・?)  

部下その1:はらへったー

部下その2:肉食いてー

カメレオス:だまれっ!俺だってがまんしてるんだ!

部下その1:この作戦が終わったら・・・俺、田舎に帰ろうと思うんだ・・・

部下その2:ああ、それがいいんじゃないか?最も、俺はカメレオス様に

        ついていくがな。

部下その1:がんばれよ・・・田舎から応援してやるよ

部下その2:(家出してきたなんて言えないよな・・・)
カメレオス:今日は、釣りでもして魚でも釣るか
アクア:塩はありますから、塩焼きなんていいですね
カメレオス:生のままじゃだめか?
アクア:生だと、お腹を壊される危険性が・・・
部下その1:そういえば、海は近いんだっけな
部下その2:全く気付かなかったな
部下その1:釣れないな
部下その2:餌がないからだろうな多分。
カメレオス:ええぃ、ぐだぐだ抜かすな!餌は殆ど食料に変わっちまっただろう!
アクア:(・・・もぐってきて捕まえたこの魚は見せない方がいいのだろうか)

カメレオス:・・・思ったより変な魚がつれたな

部下その1:ペンギンも釣れましたね

部下その2:・・・そいつは逃がしてやったらどうだ?

カメレオス:いや、食う

アクア:あっ、カメレオス様。そいつに触れない方が・・・

カメレオス:ん?

ペンギン:helpme!!

ペンギンAが助けに来た! ペンギンBが助けに来た! ペンギン(ry

カメレオス:この展開は・・・

アクア:合体するつもりか!

ペンギン達は皆で呪文を唱えているようだ・・・

カメレオス:食料が増えたな

部下その1:そんな事言ってるうちに消えちゃいましたよ

部下その2:あ、本当だな。移動系の魔術でも使ったのか・・・

カメレオス:むぅ、食料が減ってしまったのは仕方があるまい・・・

アクア:残ってる魚でも食べましょうか

カメレオス:塩で食うか?海の塩で

アクア:刺身にしても美味しそうですね

部下その1:・・・煮つけも食いたいな・・・

部下その2:たたきも良いよな・・・

カメレオス:ところでこれは一体何の魚なんだ?

部下その1:なんでしょうかね?

------------------------

アラフォース:あきらめたのでしょうかね・・・彼らは・・・

        ニーマも戻るのが遅いですね・・・

        ・・・これは・・・。まぁ、いいでしょう

ネフィア:ねーねーアラフォース様~

     デルはどこいったの~?決着つけたいんだけど

アラフォース:どこかに閉じこもってるのでは無いんじゃないんですか?

        ・・・一体いつになったら戻ってくるのやら

        おや、そろそろお茶の時間ですね。

        ネフィア、用意してください

ネフィア:はーい。・・・あら?紅茶が切れてる

     麦茶でいいですか~?

アラフォース:コインを渡します

ネフィア:買って来いってことね・・・

数十分後・・・

ネフィア:最近、世の中物騒ですね~

アラフォース:まぁ、私がディオゴに居た頃はもっと物騒でしたが

ネフィア:そーなんですか。もっと昔話聞かせてください~

アラフォース:・・・これで、23回目ですね・・・まぁ、暇だからいいでしょう
ネフィア:ふぁ~眠くなってきた・・・
アラフォース:かれこれ、3時間ほど話してましたからね
ネフィア:もうそろそろ、夕食の時間ですね
アラフォース:今日の当番は、デルフレイザーのはずですが・・・
ネフィア:帰っていませんね・・・決着もついてないんだけど・・・
アラフォース:仕方がありませんね。ネフィア、作ってください
ネフィア:え、私がですか?
アラフォース:私は観察で忙しいのです。作ってきてください
ネフィア:は~い分かりました。(・・・デルめ、帰ってきたら覚えてなさい)
しばらくして・・・
アラフォース:ふぅ、さて続きを見ますかね
ネフィア:ねぇねぇ、アラフォース様。味はいかがでしたか?
アラフォース:・・・貴方にしては上出来なんじゃないですか
ネフィア:あ~それって、いつも私が失敗しているみたいじゃないですか~
アラフォース:・・・デルフレイザーの料理よりましだとは思いませんか?
ネフィア:アレはかなり強烈でしたねー。ニーマなんか1週間ダウンしちゃって
アラフォース:・・・彼らがこの城から出て行く際に、コインを頂いてしまいますか
ネフィア:本当にそんな事するんですか?
アラフォース:事が済み次第、記憶を取り除けば問題はないでしょう
ネフィア:アラフォース様・・・いけない人・・・

アラフォース:ふむ、マサオが作った料理はまずいのですか

ネフィア:・・・いつそんな事を?

アラフォース:いや、察しただけですよ。

ネフィア:さっすがアラフォース様!

アラフォース:・・・褒めるほどの事ではないですがね

        デルフレイザーといい勝負ですかね

ネフィア:・・・どうやって判断するのさ

アラフォース:ニーマに頼んで、どこぞのファンの差し入れと称して

        彼らに毒見してもらえばいいでしょう

ネフィア:アラフォース様・・・いじわるな人・・・

アラフォース:マサオ達は買い物にいったそうですね

ネフィア:アラフォース様・・・今日の実験はどうされます?

アラフォース:まぁ、開放するのも面倒なので明日にしましょう

ネフィア:・・・それでは、今居る分の魔物はどうしましょう?

アラフォース:・・・面倒ですね。ネフィア、貴方が適当に離しておきなさい

ネフィア:ふぁ~い。(デル・・・とりあえず、帰ってきたら覚悟しておきなさい)

ネフィア:ところで、既に2ヶ月くらいデルが帰ってきてないような

アラフォース:・・・鎧でも磨いているのでしょう、気にしないでおきますか

ネフィア:鎧ねぇ・・・磨くものあったかしら?鉄やすりとか

アラフォース:・・・ガリガリ鎧が削れていきそうですね

ネフィア:・・・紙やすり?

アラフォース:とても時間がかかりそうですね

ネフィア:そういえばデルの奴、鎧なんて着てたかしら

__________________________

デルフレイサー:しかし、何時ごろ帰ったらいい物か・・・

デルフレイザー:寒いな・・・夜は金属は冷たい・・・

__________________________

キャラが変わっていても気にしないで下さい

 

2007.03.16

そうだ!題が思いつかないときはNOTITLEって(ry

なんか、さっぱり更新してなくてすんません

ちょいと別の事に熱中していたとか忘れていたとかそんな感じです

・・・回り道ばっかしてたら目的地には着かんな・・・

とりあえず、マイペースで進んで行こうと思う今日この頃

気付いたら10日経ってた・・・早いね

2007.03.05

タイトルの意味が薄いのは相変わらず。

ってことで、今日はこちらですわ↓芸がないとか言うなよ!!w

ようやく、1000レベルに到達したんだなこれが

どのくらい凄いのか自分では良く分かりませんが(ry

今までの総経験値も出すのもたるいし(ぉ

とりあえず、コウジはDefが低いのみならずHpが低いのでやられやすいです。

で、大抵回復させる前に全滅させるので経験値が入らないという寸法です

・・・というより、敵が全体攻撃5~6回してきたらほぼ壊滅状態になりそう

このレベルでも全滅する。それがブラザーゲイトクオリティ

え?コウジのレベルも1000にしろって?面倒だからやらん

2007.03.03

はい、とりあえず期末試験終了です。

ただ、最近結構眠れなかったり(水曜日とか4時ぐらいだったかと)

疲れていたりするので、マジパニとかの更新はしばし遅れるでしょう。

ただ、ここから先は比較的時間に余裕が出来そうなので

暫くしたら少しだけペースも上がるかも

ん~何かネタないかな~ww

まぁ、亀のペースで進んでいきますかね

2007.02.24

はい、久々にペレグリン攻略記です。

レベルとか、倒せたとかそんなの抜きで今日はこちら↓

アイテムダンジョンにこもって、盗んでいた所このぐらい集まりました。

・・・少し多すぎですか?

でも、シーフの為のHitspiritがまったく集まりません。

・・・これは地味に痛いです。

Atk、Hit、Magなどの数値が高ければ、楽に敵を倒せるのですが

逆に低いと、Atkボーナスを高めないと倒せないことがあります

ボーナスを気にしすぎると時間がかかって・・・

ということは、そのキャラにあったspiritが必要になってくるということです

・・・どちらにしろレベルだけでは奴は倒せないと思いますので

当面の目標は、spirit集めおよびレベル上げという事になりますかな

緑亀?そんなのも居ましたっけね

2007.02.20

なんだかんだ言っておきながらついに・・・
一億突破でございます。やりすぎではないはず・・・!多分




本当に何回ぐらい戦闘したのかな・・・?
少なく見積もっても1500回はやってるはずなので
1500×6+αで大体、10000匹は倒してる計算に・・・すげー
で、1500×90+αでニーマの総使用stが150000以上。紅茶で750杯ぐらいですか
ニーマさん。飲みすぎです

で、1億コインで何が出来るか考えてみる。

紅茶が1億÷200コインで・・・50万個? 一体、それを買うのに何時間かかることやら

回復アイテムの中で高いと思われるミネラルウォーターでさえ10万個。

・・・何か画面がすげー事になりそうだ。

ペレグリンだったら、光速のバンダナとかパイプ椅子が買えそうですね・・・

た・・・高いな・・・高すぎる・・・・ww

NAとかの鍛冶屋なら+3150ですか。
色々計算していくと、キリがないのでこのぐらいで
あ、レベル1000記念の予定もあります。

2007.02.16
今日はふとそう思いました。
で、マジパニを進めていたら結構やばい
一瞬の間に、Hp満タンが瀕死とか倒れてたりするし。
やっぱり、やられる前にやれという、ブラザーゲイトの試練ですかな(違
今日の一枚は用意できたら貼ることにしますっと

で、用意できたのでうp
ここまで来ると、結構紅茶が減っていきます
彼らはどこまでも突っ走っていく・・・w
コウジが結構やられやすいので、レベルが他の三人と開いてたり
2007.02.12

今回は思いっきり道がずれているので注意。

今回は、画像をお借りして下の二品をつくって見ました。

お口に合わない可能性もありますので、気をつけて召し上がってください

いかがでしたか。満足していただければ、作ったかいがあるものです。

ちなみに、マジパニ・ペレグリン共に亀のSpdで進行中・・・

反省はして(ry

  BackHOME : Next 
カウンター
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
(,,゚Д゚)<コメント待ってるぜ
ブログ内検索
最新CM
[02/21 eto]
[05/18 セシル]
[05/18 セシル]
[05/18 セシル]
[04/30 NONAME]
プロフィール
HN:
代理人
性別:
非公開

5月゚ ヮ゚ノiベーオの気まぐれプレイ日誌(゚Д゚夏? wrote all articles.
Powered by Ninja.blog / TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]